SEVENTEENジュンはメンバーと不仲?ぼっち説は本当か?1人好きな性格?


SEVENTEENのメンバーで、中国人のジュンはクールな顔立ちで、前に出る方ではなくどちらかというと大人しい性格のようです。

そのためにジュンはメンバーとうまくいっていないのではないか?いつもひとりぼっちだよね。そんな噂があります。ほんとうにジュンはメンバーと不仲なのか?を重点的に検証してみました!

メンバーと不仲説について

ジュンは中国人、子供の頃は中国で子役として映画にも出演していました。
それなのに、ジュンは芸能人馴れしていなくて他のメンバーと同じようにわちゃわちゃステージを楽しんでいるようです。

最初の頃は韓国語が上手くなくて壁があったようですが、現在韓国語はペラペラで問題なくメンバーと付き合っています。
言葉の壁でぼっちという説は今ではありえませんね。

たしかにお話は下手だけど、うれしそうに誕生日にメンバー全員がしつこく(笑)祝ってくれたことを話しています。

不仲どころか愛されてますよ〜!!

こんな説が噂されてしまう原因は性格の問題か?とも言われていますがその点はどうなのでしょうか?

ぼっちが好きな性格なの?

SEVENTEENのメンバーは13人、こんなに大所帯のメンバーがいるグループで、僕はひとりがいいです!とか、ひとりが好きなんでとかってありえないと思いませんか?

全員で並ぶといつも左の端っこのポジションに居るジュンですが、まず基本はおとなしいんです!!
メンバーたちが盛り上がれば盛り上がるほど遠目で見ている感があり、聞かれれば、ふられればちゃんと答えられるのですが、敢えて手を上げてと、いうことがないタイプ。

それでいて完全に部外者しているわけではなく、よ〜く見ているとリアクションしているし、控え目だけどちゃんと仲間入りしていますので、自らぼっちを好んでいるようには見えません。

では?なぜぼっちと言われてしまうのか?ですが…

突如現れる不思議の国のムンジュンフィ

実はツイッターにこんなハッシュタグがあるんです。

#不思議の国のムンジュンフィ

中国で子役として活躍していたのに〜、人気アイドルグループのビジュアル担当なのに〜、いつもマイぺースでおとなしいジュンの不可解な行動を集めたハッシュタグです。

なんだそれは?と、思うかたにご紹介。

ムンジュンフィことジュンが、メンバーといる時にふと時々自分の世界に入ってしまうんです!!
それがインタビュー中であろうとも、ライブ中であろうとも、本番前であろうともおかまいなしに急に発動!!
進行そっちのけでひとりで楽しそうなんです。

中国人ってそもそもひとりっこですから、こんな一面があるのかな?
楽しそうに無邪気に振る舞うジュンはまさに不思議の国の王子です。

こんなにひとりで楽しそうにしているから「ぼっち」とか言われてしまう気もしますが、この不思議の国のムンジュンフィを見てしまうとかわいくてジュンの沼から抜けられなくなってしまう被害者多数です。

たとえこの行動がぼっち説につながろうともファンとしてはずっとそのままで居てほしい萌えポイントです。

狐ってガーガーって哭きますか?

先日からネット配信サイト Abema TVでもうすぐ日本デビューEするSVENTEENの特集が組まれています。

その中で、SEVENTEENのメンバーと、選ばれし少数のCARATたちの豪華客船でクルージングしながらのファンミイベントの模様が放送されたのですが、ジュンについてあれあれ??な、場面が。

ずらりと並んだメンバーたち、順番にとなりの人を動物に例えると?と、いう質問が。
定位置の一番左端のジュンからスタートしたので、例えられるのが一番最後になったジュン。
「砂漠に住む狐」と、言われたジュンはなぜか「ガー、ガー!!」と…
中国の狐はそういう哭き方するんでしょうか?

わたしにはカラスの鳴き声にしか聞こえません~~。
いい〆にはなったようですが、おもしろすぎです。

→【未公開映像】#1 隣の人を動物に例えると…?【クルージングイベント密着】 #Abemaビデオ で無料配信中 

セブチジュンは、基本マイぺースでおとなし気味。
時々、不思議ちゃんが発動しておかしなことになっているけれど、それがひとり好きに見えるのかな?
メンバーとの不仲説もあえてぼっちを選んでいるわけでもなく、彼の中ではこれが普通。
#不思議の国のムンジュンフィ」これからも要観察!!です。

☆☆☆☆☆☆SEVENTEENまとめ記事☆☆☆☆☆☆


SEVENTEENメンバー13人!個性ありすぎ!それぞれの人気No.1を決定!
K-POPアルバム(7000円相当)を無料で購入する方法





コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください