Wanna Oneミンヒョンは日本語が話せる!?その理由とは・・・?

スポンサードリンク

Wanna One のミンヒョンはとってもクールで落ち着きがあり、綺麗好きで几帳面な性格の持ち主で、Wanna One のお母さん的役割を担っています。

これだけでも頼もしくて〜、こまめで〜とっても素敵なのですが、イルボンペン(日本人ファン)にとってはうれしい特技があるのです。

実はミンヒョンって日本語が話せちゃう!

でも、日本語をいつ?どこで?習得したのでしょうか、気になりますね。

 

ミンヒョンの詳しいプロフィールについてはこちらから↓

Wanna Oneミンヒョンの性格・プロフィールまとめ!彼女・好きなタイプは?

ミンヒョンの日本語力にはびっくり!!

ミンヒョンは日本語が話せる!それもかなり流暢に話せます、そして時にはメンバーのハングルを訳してあげちゃう通訳さんに変身したりします。

Wanna Oneが日本語をしゃべる!動画

「こんちは〜」「ありがとうごじゃいま〜す」は日本デビューする韓国アイドルはだいたい習得して来日しますが、ミンヒョンの日本語はそんなものではありません。

花屋さんの店員さんに去り際にひとこと「風邪に気を付けてください!」なんて、日本のアイドルでもそんな優しい言葉なかなか言いませんよ!(動画6:03あたり)

店員さん、サラッと流していますがこれがファンならうれしくて大騒ぎですよ!

ミンヒョンはなぜ日本語が話せるの?

と、サラリと日本語を使いこなすミンヒョンですが、そうです!本題です!
どうしてそんなに流暢な日本語が話せるのか?です。

みなさんご承知の通り、ミンヒョンはプロデュース101シーズン2に参加したときからすでにデビューしている中堅アイドルグループNU’ESTのメンバーでした。
(今はWanna Oneが終了するまで、NU’ESTでは活動しないようです。)

NU’ESTの韓国デビューは2012年、そして日本デビューが2014年、つまりミンヒョンはNU’ESTとして4年前に日本でデビューしている経験があるんです。

日本デビュー当時NU’ESTはかなり注目されていて日本のKポ番組や雑誌で結構取り上げられていました。

たしかに当時観ていた番組でNU’ESTのメンバーが出てインタビューとかお遊び企画とかやっていました。
残念ながらあの頃はたくさんの韓国アイドルグループが日本で活動を始めるところでNU’ESTがどんなグループでミンヒョンが居たのかとかは認識してませんでしたが、居たんですね(^^;

そんな頃の雑誌の記事にミンヒョンがど〜してこんなに日本語が上手に話せるようになったのかの答えがありました!

日本で活動するために、日本語の勉強をたくさんしました!

と語るミンヒョン、1年前は全然しゃべれなかったので本当に頑張りましたと、日本デビュー、さらに日本活動のために1年間かけてがんばったようです。

今年こそ!と、ハングルを勉強してみるものの…毎年途中でくじけちゃってる人いませんかw?見習わないと!と、私も反省w
さすが、几帳面な男ミンヒョン。
見事に意志を貫いて日本語を習得したようです。

知らなかった「知らないふたり」

なんとなくダジャレになってしまいましたがミンヒョンの日本語勉強のひとつの理由は日本での音楽活動のためでしたが、もうひとつ日本語を頑張って勉強した理由がありました!

なんと、NU’ESTメンバーのレン主演の映画にミンヒョンも俳優として出演していたんです!

 

その映画のタイトルは「知らないふたり」
こんな映画があったなんてWanna One ファンでもしらない人がふたりどころでなくたくはん居るのでは?

「知らないふたり」予告編

舞台は日本、日本で暮らす韓国人の若者たちのお話で、今話題の日本の女優小南 晴夏も出ているじゃないですかっ!!
なんとなくさびし〜い映画ですがイケメンミンヒョンの日本語演技が観てみたくもあり、ちょっと探して見ようかなと、思ってしまいました。

この日本映画出演のためにも日本語を頑張って勉強したようですね。
そんな理由で完璧に日本語を習得したミンヒョン、NU’ESTの売れ行きはいまいちなんて言われていますが、ちゃんとメンバーは頑張っていたんです!

そして今その当時の頑張りが役に立っているのです。
Wanna One ミンヒョンが日本語をどうして話せるのか?は

NU’ESTの日本活動に合わせてミンヒョンが頑張った結果ということでした。

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください